トークの練習

どのような種類の番組に出るタレントを目指すのかによっても、当然行われる授業の内容には違いが出ることになります。しかし、やはり多くの場合必要となるのが「トーク」の能力です。テレビタレントを目指すにせよ、その他のタレントを目指すにせよ、司会者との間の受け答えというのは番組の構成の中で最重要なポイントの1つとなるでしょう。それでは、トークの練習としてはどのようなものが行われる事になるのでしょうか。

まずは「セルフプロモーション」についてです。これは、自分の考えていることをスムーズに伝えるための勉強となります。自分がどのようなことを考えているのか、ということが相手に伝わらなければ、円滑に番組を進行していくことができなくなってしまいます。セルフプロモーションが上手くできないタレントは、それこそ埋もれる存在となってしまい、世の中に広く知られることが難しくなってしまうでしょう。

次に、「コーナー」別の練習というものもあります。番組によって様々なコーナーというものが用意され、それによって求められるトークの能力も違いが生じることになります。例えば「リアクション」を求められるコーナーと「フリートーク」を求められるコーナーとでは違いがあります。

こうした授業を受けることによってタレントへの近道になりますので、タレント養成所に入ることをおすすめします。しかし、中には入学するためにオーディンがある養成所もあります。まずは、タレントになる為の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

〔参照HP〕テアトルアカデミー:オーディションスケジュール

Pocket

Comments are closed.