月別: 2017年8月

どのような種類の番組に出るタレントを目指すのかによっても、当然行われる授業の内容には違いが出ることになります。しかし、やはり多くの場合必要となるのが「トーク」の能力です。テレビタレントを目指すにせよ、その他のタレントを目指すにせよ、司会者との間の受け答えというのは番組の構成の中で最重要なポイントの1つとなるでしょう。それでは、トークの練習としてはどのようなものが行われる事になるのでしょうか。

まずは「セルフプロモーション」についてです。これは、自分の考えていることをスムーズに伝えるための勉強となります。自分がどのようなことを考えているのか、ということが相手に伝わらなければ、円滑に番組を進行していくことができなくなってしまいます。セルフプロモーションが上手くできないタレントは、それこそ埋もれる存在となってしまい、世の中に広く知られることが難しくなってしまうでしょう。

次に、「コーナー」別の練習というものもあります。番組によって様々なコーナーというものが用意され、それによって求められるトークの能力も違いが生じることになります。例えば「リアクション」を求められるコーナーと「フリートーク」を求められるコーナーとでは違いがあります。

こうした授業を受けることによってタレントへの近道になりますので、タレント養成所に入ることをおすすめします。しかし、中には入学するためにオーディンがある養成所もあります。まずは、タレントになる為の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

〔参照HP〕テアトルアカデミー:オーディションスケジュール

Pocket

それでは、タレント養成所で行われる授業内容について、カリキュラムをベースにどのようなものがあるのかを紹介します。まずは、俳優になる場合にも通じることですが、「声」が通ることが重要なポイントとなります。声が通らないタレントというのは、テレビ番組に於いても埋もれてしまう存在となり、次第に注目を集められない存在となってしまいます。そのため、タレント養成所に於いては多くの場合この声の勉強というのを最初に行うことになります。

その中でも重要な勉強の1つとなるのが「エチュード」です。演劇に関係をしている人でなければあまり聞き覚えがない言葉かも知れません。エチュードというのは即興劇のことで、1つのテーマを設定して、それに添った内容の芝居を自分で即興で考えて披露してもらう、というものです。どのような演技内容になるのか、ということももちろん重要ですが、同時にそれを自信を持ってやれるのか、ということも重要なポイントです。繰り返すことによって不得意を克服していくことにも繋がります。

この他にも「なりきり」などの勉強があります。タレントによっては本来の自分のキャラとは違う誰かになりきって仕事をするようなことも少なからずあります。

Pocket

俳優やタレントを目指すという場合、どのようにしてその道を辿るのがよいのでしょうか。俳優を目指す場合については、劇団などに所属をして舞台俳優としての経験を積み、そこからドラマ俳優や映画俳優などを目指していく、というルートも存在しています。(もちろん、舞台俳優が下という意味ではありません。舞台俳優として極めている俳優さんも大勢いらっしゃいます)。しかし、タレントを目指すという場合については、なかなか難しいものがあります。そもそもタレントというのがどのような存在なのかというのが、あまり明確ではないためです。

タレントは、訳するならば「才能がある人」ということになります。それでは、何の才能があるのか?と言われると、それはもちろん人によって違っていることは間違い有りません。今はタレントをしている人も多いですが、その人がどのような才能でそこにいるのか、ということが分かりにくいことも少なくないでしょう。もちろん、自分にどのような才能があるのかがわからない、という人も大勢いらっしゃることかと思います。

それでもタレントになりたいという場合には、1つの方法として「タレント養成所」を利用するというものがあります。タレント養成所においては、主にテレビタレント、特にテレビ番組に多く出演し、その出演者の一人として番組を盛り上げる存在としての勉強をすることになります。タレント養成所を利用するには、まずオーディションに合格し入所しなければいけません。合格した方がタレント養成所で俳優を目指すために色々と学ことができます。それでは、より詳しくタレント養成所において何を学ぶのかを紹介します。

Pocket